永久脱毛とレーザー脱毛の違い

レーザー脱毛で確かに怖いイメージを持つ方は多くいます。
レーザーは一歩間違えれば火傷やシミになりかねない危険な行為です。

ただ、きちんとした医療機関に通うことで解決できます。
レーザー自体が体に悪影響なものではありません。
レーザーは毛の元の黒い色素に反応します。
そしてレーザーの熱によって毛の元を焼き、生えにくくするのです。

お肌が弱いのに強い出力で照射してしまったり、誤った施術をすることで火傷や炎症がひどくなる可能性があります。
きちんとお肌の状態を見極め適切な施術をしてくれる医療機関を選ぶことが大切です。
医療機関であれば、安全面は大丈夫だと思いますが、きちんとカウンセリングをして親身になってくれる先生の方が安心できると思います。

医療レーザー脱毛は、厳密には永久ではありません。
レーザーで当てきれなかった毛、毛の元を破壊させることができなかった毛は再び生えてくる可能性があります。
しかし、きちんと完了していれば、再び生えてきたとしても以前より細く弱い毛なので気にならないと思います。
半永久的には綺麗な状態を保つことができると思います。

ただ、確実という点では針脱毛でしかできません。
脱毛用に特殊加工された針を毛穴に刺します。針に電気を流し、毛の元を焼き、破壊します。
一本一本手作業でおこなうため、確実に永久脱毛することができるのです。

しかしかなりの時間を要し、強い痛みを感じます。お肌への負担も大きいので危険性は高まります。
針脱毛をする場合には、技術のある方にしてもらうのが安心です。

中にはレーザー脱毛をして、再び生えてきてしまった毛だけ針脱毛で処理するという方もいます。

質問者様がどれくらいの脱毛効果を求めるのかで選択すれば良いと思います。
いずれの方法も体験を受けることができるので、痛みの違いなども比べてみるといいと思います。

Comments are closed.